なちかつ
図書館WEB

 

臨時のお知らせ 

◇新型コロナウイルス対策について

 

 那智勝浦町立図書館は、子ども(小中高生)の利用について、3月1日からしばらくのあいだ次のような措置をとりますのでご理解とご協力をお願いいたします。

① 子どもが図書館で勉強したりすることはできません。

 ※館内での読書もひかえてください。

② 子どもへの本の貸し出しは通常どおり行います。

 

③ 4月のおはなし会(11日、25日)と よちよちぶっく(14日)は対策をとりながら実施する予定です。<3月25日追加>

 

 学校は春休みに入りましたが、コロナウイルスの感染拡大はまだ続いています。小中高生のみなさんにはご不便をおかけして申し訳ありませんが、いましばらく上の措置①を続けますのでご理解ごと協力をお願いします。

 

 <お知らせ> 

 文科省が特設ページ「子供の読書キャンペーン~きみの一冊をさがそう~」を公開しています。文科省のホームページから見られます。この特設ページで紹介されている本の何冊かは図書館にもありますので、借りに来てください。

 

 

Site Top

平成23年9月 那智勝浦町をはじめ紀伊半島南部は

台風12号の豪雨により大規模な土砂災害が発生し

甚大な被害を受けました。

土砂災害啓発センターは、土砂災害の記録を後世に

伝えるため、パネルや映像を使って紹介しています。

また最新の研究成果もご覧いただくことができます。

紀伊半島大水害を紹介するのはこちら。

『紀伊半島大水害 平成23年9月町を襲った台風12号の記録』

『紀伊半島大水害 あの日、那智谷で何が起こったのか。』

 

 

勝浦漁港はクロマグロ(本マグロ)の水揚げが3月から5月にかけて増えます。

今年も3月12日に全長2.74メートル、450キロを超えるクロマグロが

勝浦地方卸売市場に水揚げされました。

 

 勝浦漁港に水揚げされるマグロはクロマグロのほかに

メバチマグロ、キハダマグロ、ビンチョウマグロが主なものです。

どのマグロも脂がのっています!

 

『マグロのおはなし』

『海と紀州勝浦~さんま漁業からマグロ漁業への変遷~』

まぐろといろはと勝浦の漁業の歴史がわかりやすく解説されています。

 

 

春の夜明けの太田川

シロウオ漁の船が出ています。

水面にきらきら光る透明の魚体は

この地域の春の風物詩です。

 

「シラウオ」は町立図書館にある『【紀州・熊野採集】日本魚類図譜』

精密に描写された図と解説が掲載されています。

 

 

 

 

2020年 (令和2年)
4月1日(水)
Weather
9:00~17:30