なちかつ
図書館WEB

Site Top

 <学校に行きたくない子は、図書館にいらっしゃい> 中学生の瀬尾草子は、火曜日から金曜日まで、図書館のいつもの席で本を読んだり、考え事をしたりして過ごす。ときどき勉強もする。土曜と日曜は混み合うので来ない。そんな草子が、はじめて図書館でレファレンスを希望した。司書の深津さんがくれたメモが気にかかっていた。「しずかな子は、魔女に向いている」その文章の出てくる本を探しています。やがて司書の深津さんから渡されたものは、白い紙の束。それは、ふたりの少女のまぶしい、ひと夏の物語だった。司書の深津さん、しずかな人、とてもすてきな魔女?・・、かもしれない。

2024年 (令和6年)
2月21日(水)
Weather
9:00~17:30