なちかつ
図書館WEB

 

夏 の 図 書 館 イ ベ ン ト


 

★スタンプラリー  7/2~8/30

 図書館の本を1冊かりるごとに、台紙に1こスタンプがおせます。台紙2枚(スタンプ30こ)以上で、すてきな景品が当たるくじ引きに挑戦!

 *大人の方も参加できます。

 

★よみきかせカーニバル

 夏休み期間中、町内のボランティアグループが交替で楽しさがギュギュっとつまったおはなし会を開催します。

 

★小中学生「読書感想文・ポップコンクール」 

 今年は読書感想文に加えてポップも募集します。(*ポップの応募は小学校5年生以上)

 読書感想文・ポップのどちらにも応募できます。ただし、どちらも1点のみ。

 応募者全員に参加賞があります。入賞者には賞品を贈ります。

 作品は9月5日までに学校へ提出してください。

  

 

 

 

Site Top

 
 地域拠点病院などを中心に各都道府県内をいくつかの地域に区切った医療圏域のことを2次医療圏と呼んでいる。和歌山県では7つの2次医療圏があり、当地方はそのうちの新宮医療圏となっている。日本全国にはこの2次医療圏が合わせて344あるそうだ。本書はその344の2次医療圏ごとの三大疾病(がん、脳卒中、心臓病)による死亡率を一覧にしたデータを掲載し、死亡率が高い地域の課題を明らかにしてその対策を考えようとするものである。データを見ると、和歌山県内2次医療圏の多くで、がん死亡率が異常に高いことに驚く。特に目立っているのは御坊、橋本,那賀だが、新宮も大腸がん(男性)が全国ワースト8位、肝がん(男性)同38位、全がん(男性)同33位となっている。がんに限らずどんな病気でも、死亡率を下げるにはまずもって住民の意識向上が必要だ。たとえば、受動喫煙も含めた喫煙率を下げるなど予防に努める、積極的に検診を受け早期発見に努める、がんになったら情報を集めて病院を選ぶなど、自分の命は自分で守る意識を持つことが大切だと思った。

 本館では、「一般42」棚にがん関係図書コーナーを設置し、がん情報の提供をしています。

2019年 (令和元年)
7月22日(月)
Weather
9:00~17:30