なちかつ
図書館WEB

 

◇利用制限の緩和について <6月30日>

 

新型コロナウイルス感染拡大防止の対策をとったうえで、7月から

◎おはなし会、よちよちぶっくを再開します

資料の閲覧、自習の制限を緩和します

 

利用制限の緩和にあたって、次のことを守ってくださいますようご協力をお願いします。

①図書館へ来るときはマスクを着用してください。

②入館時には手指の消毒をしてください。

③図書館で昼食をとることはできません。

 

<おはなし会・よちよちぶっく>

・入室時に体温を測ります。体温が37度以上の方は参加をお断りします。

<閲覧・自習>

・必ずマスク着用をお願いします。

・所定の場所に着席し、人と人との距離を保ってください。

・自習は3階のみとします。*絵本コーナーは密集密接になりやすいので不可

・利用時間の制限はありません。

 

 

 

Site Top

赤ちゃんをくわえてる表紙。優しいまなざしから、犬のおかあさんのあたたかさを感じます。

どうぶつのおかあさんは、どうやって赤ちゃんを運ぶのでしょうか。人間は、抱っこや、おんぶをします。

さあ、ページをめくりますよ。

あら、可愛いこねこちゃん。ねこも、くわえてはこぶんですね。らいおんさんも‼️頭をかっぷりくわえてます。💕

色んなどうぶつの運び方に、へえ〜と、驚きながら子どもたちと楽しめる絵本です。 

 このハリネズミのおやこが、いとおしくて💓。

どうぞ、ゆったり、ゆっくり楽しんでください。

幼児絵本の素晴らしさに、出会ってくださいね。☺ <よむよむblogから>

 本文から。「私たちのようにアフガニスタンで日々活動していると、日本という国のスタンスと憲法九条とがいかに深くかかわっているかを、痛切に感じざるを得ないのです。実際、私たちが日本に帰って危惧するのは、現地の現実と、日本でおこなわれているさまざまな平和に関する議論が、あまりにかけ離れている、と感じることです。」 「もう一つは、武力があれば、軍事力があれば、自分の身を守れる、という迷信です。武力が安全をもたらすものかどうか、丸腰でおこなう用水路建設での私たちの経験が教えてくれます。」

*企画展示『今こそ考えよう日本国憲法(このくにのかたち)』から

 よあけ  この言葉に引き付けられて、この絵本を手にとり数十年がすぎました。子どもの絵本にしては、ずいぶん地味だと思いながら、ページをめくると。静寂の世界がひろがります。「おともなく」「しずまりかえって」。そこに登場するのは毛布にくるまるおじいさんと孫。ページをめくるたびに静寂の中に、命を感じるんです。何だろうこの感じ。おじいさんと孫がみずうみにこぎだすと、やまとみずうみがみどりになるんです。これが、よあけなんだ。と、感じる絵本です。命や生命力を表す色が青と緑だと、聞いたことがあります。よあけとは、私たちに 新しい力を教えてくれる絵本です。
 ユリー・シュルヴイッツは、東洋の文芸美術に造詣がふかく、この絵本のモチーフも 唐の詩人 柳宗元の詩「漁翁」によるものだとか。
 どうぞ、その手にも『よあけ』を。☺ <よむよむblogから>

2020年 (令和2年)
7月5日(日)
Weather
9:00~17:30